小さな木工所

☆フリーハンドを活かして何でも製作です。
◇遅くなってごめんなさい御依頼のカップ完成です。

◆25C用パーミングカップ、オペラ座の怪人完成です。
⭐素材はあの硬いチンチャンです。

 

◆25C用パーミングカップ、オペラ座の怪人完成です。
⭐こちらはしっとりとした縞黒檀です。

 

◆BX-21用パーミングカップ完成です。
⭐️こちらの素材は今や貴重な内国産欅材使用です。
私専用トップウオーター操作用カップですがそれで良いとの依頼で久々に昔のデザインで製作です。
左人差し指のマジックアクションが・・精緻なアクション出せますよ。

 

⭐️久し振りにチーク材で仕上げてと依頼され喜んで切削してしまいました。このフレームのトリガー位置はとても自由度が高く、ある事以外殆どの依頼に応えられます。優しいグリップ感が特長の素材ですが最近は良いチーク材はお目にかかれませんね。これは私手持ちのハンドルに適した木目の素材から選定して見ました。

⭐️下のスピニングハンドルですが、更に渓流用にロッドパワーを考慮してぎりぎり迄切削、渓流用スレンダータイプに完成です。グリップ角度も大幅に変更、手首のカエシだけでキャスティングが可能になりました。

 

♦末吉さんのChampion Wood Grip 無我の境地も終了し、オイル仕上完了です。久し振りに見る和材の色艶、・・・・➢大人の粋ですね。



⭐末吉さん御依頼のチャンピオン用グリップ磨き迄完了しました。後は無我の境地に入ります、しばらくお時間下さい。

 

☆最近の依頼品を掲載してみました。
☆オペラ座の怪人やっと完成です。
・私らしく斜っかいなデザインですが、・・・・・

 

◆末吉さんご友人依頼の作品です。
・ちょっと洒落て白い銘木で決めました。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

❖末吉さんご友人の要望で明るいカラーで決めたい。
こんな指令で手持ちのワイルドオリーブの古木から選別して切削しました。サムレストは贅沢にもカップ上部と同様の共材で同系色・同じ木目を選別しカップ上部と同様に合わせると云う贅沢な製作です。

❖私手持ちの Silver BX21(まだ現役で稼働中)に仮装着して撮影しました。

 

・オペラ座の怪人にチャレンジです。
・浜野さん愛用のマシン、ABU2600Cに合わせて製作です。

◆自分でも試作や雛形までの製作でしたが、浜野さんの起っての依頼で緊張しながらの切削でした。
丸い様で丸く無く、四角い様で丸い、掌(たなごころ) のパーム感をイメージしての切削です。

◆研磨終了です、これから無我の境地に入ります。完了後オイル仕上です。

 

・感度、フィーリング、共にとても好評です。

 

 

 

 

 

 

 

灘吉さんのハンドルノブ完成。リール→Quantum IR130 C

製作依頼内容丸くて四角いハンドルノブ、素材→パドック サイズ→ラージ

 

 

 

 

 

 

 

装着仕様80㎜ストレートハンドル、フレーム→ガンメタル、リテーナー→ゴールドアルミ製ノブキャップ→ゴールドノブ、内部4ベアリング その他 ウッドサムレスト装着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆以前御誂えした中川フライハンドル G/G (漢字では失礼で書けません) になったので細く直してとの依頼で、30⁰/₀ほど細目に再度削り直したみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✹坂井さん依頼の花梨材セミダブルハンドル、手に優しい感じのデザインでとの依頼で細身ですがふくよかなカーブで仕上げて見ました。(使用者は一見強面ですが⁉ ⁉ ⁉ )。

✹オイル仕上も完了し無事納品出来ました。

✷末吉さんより製作依頼のBX-21 Parming Cup、 御依頼の素材と違いちょっとグレードが上ですが、木目と指定のカラーにピッタリでしたのであの硬いチンチャンで切削してみました。

✷なんと私が自慢のナイフも切削が終わる頃には刃に熱を持って来て最後は冷やしながらの切削でした。(親父譲り日本刀の刃付けと研ぎでしたが、どっこい…いっぱい々でした)。
(現在のでは無く戦国時代のあの蛤刃ですよ)

✹無我の境地に到達次第オイルフィニッシュにはいります。

 

☆パワーハンドルに合わせてとのご依頼で製作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

❖ご依頼のBX-21に装着完了です。

 

☆無我の境地に到達しました、完成です。

❖新たにBX-21のパーミングカップ&サムレストをむかしの Silver BX-21 に設定したデザインで製作依頼が有りました。このデザインはパーミングカップはトップウォータールアーの操作性を、サムレストにはジグ&ワームの微細なコントロールの使い分けをとデザインした物です。

特に細かいシェーキングやテキサスリグウエイトのウオーキングコントロールには欠かせ無い要素を入れたスペシャル物でした。今回はココボロ材でしかも同一部位から木取りと云う贅沢な作りに凝ってみました。しかし昔のデザインの踏襲では昔の自分のコピーの感が有り私には許せない所がありました。そこで今回は依り先鋭かつ前衛的なデザインで再チャレンジしてみました。

 

☆シックなフリューガーリールを活かしたいとの依頼主の要望で、85%天然素材使用のターコイスブルーリングをインプレグネーテッドさせたパワーノブを装着しました。

❖共に一品製作の手加工で何でも製作です。
(……出来ないものも有りますが……)努力します。

 

・GG Force用パワーノブ完成です。

❖Browning Reel 用パワーノブ完成しました。今回は少し強めに無我の境地を掛けた仕上にして見ました。ウッドハンドルとのマッチングはピッタリだと思います。

 

☆今迄秘密だったPalm Cast・Handle・完成です。
☆これじゃあもう秘密じゃあ無いですよね・・。
❖ご依頼の Palm Cast Handle 右利き用、画像掲載を若干躊躇しましたがともかく掲載です。
じつはサウスポー用特別以来品に製作しているモデルのコンセプトを各所に導入しています為どきどき物でした。(コピーするときはコンセプトをご理解の上行って下さい)
まあ右利きの方でも同じ様な悩みをお持ちの方もおられると云う事です。(まさやんもサウスポーなのでなんとかしてくれとうるさく行っていました)

 

 

❖浜野さんのご依頼はABU2600Cリールに合わせて黒系のハーフタイプパーミングカップとの事でしたがパワーハンドルノブとベストマッチした色合いの鉄刀木を偶然見つけチョット切削してみました。磨いてみたらとても良い木目が出て来ました。
気に入って頂けるか判りませんが取合えず画像掲載です。もし黒系素材が良ければローズウッドか黒檀の手持ちが有ります。

 

☆OKサインが出ましたので無我の境地に入りました。

✧シルバーマークに合わせてホールを削ってとの指摘で切削です。
✧少し深めの掘り込みで木目を強調して見ました。

 

 

✧無我の境地達成です。ご依頼のABU2600Cに仮装着して見ました、オイル仕上も完了です。(予定通り少し濃い色合いに仕上がりました。)

 

 

❖ちょっと変わった素材に出会したので思わず木目に惹かれて仕事の合間に切削してしまいました。パイソン柄と云おうか、雲豹柄と云おうか複雑で不思議な縞目です。
特殊な縞目ですので本は出来ませんが何本か取れそうです。製作したこのタイプはスナップキャストを得意とする方にお薦めのデザインです。

✧木取りの関係も有りますので一声掛けて下さい、パーミングカップ、サムレスト、ハンドルそれぞれ適した部位や木目を選んで木取りいたします。

※フルサイズのシングルやセミダブルは出来ないのか⁉、‧‧‧こんな問合せが来ましたが数本程度なら木取り出来ます。木挽きの具合次第です、其の結果若干数量が少なくなるかも知れません。

❖ちょっと変わった素材に出会したので思わず木目に惹かれて仕事の合間に切削してしまいました。
パイソン柄と云おうか、雲豹柄と云おうか複雑で不思議な縞目です。
特殊な縞目ですので本数は出来ませんが何本か取れそうです。製作したこのタイプはスナップキャストを得意とする方にお薦めのデザインです。

✧木取りの関係も有りますので一声掛けて下さい、パーミングカップ、サムレスト、ハンドルそれぞれ適した部位や木目を選んで木取りいたします。

❖しばらくミニミニハンドルを作っていなかったのでスナップショット用に使えるサイズで切削して見ました。
もちろん私のデザインですから当然フルキャストも不足無く行えます。素材はパープルハートの良材が手に
入ったので切削してみました。この素材は非常に感度が高く小さい僅かな当りでも逃す事無く伝わりスモールジグ等のフィネスフィッシングにもお薦めの素材です。

※一緒に写っているリールは私の二代目ABU1750Aです。初代は度重なる激戦にあらゆる部材が摩耗してしまい戦闘不能に陥り戦闘中に行方不明に成って仕舞いました。‧‧‧‧‧➼⁈⁈➼、

❖最近スピニングハンドルでも粋で洒落た物の依頼が増えて来たのでチョット洒落て試しに切削中です。
むかし鱒を釣ったらオリーブオイルでソテーかフライで食卓へ、これが定番でした。そこでちょっとひねってやっとこ手に入れたワイルドオリーブの古木で‧‧ ⁇【ハンドルをソテー】⁇  はしませんがオイリーな感触に惹かれて切削しちゃいました。

※因にいっしょに写っているリールはむかし嫁が小バス釣りに使っていたShakespeare 2052 EC です。

 

☆ABU4000&5000仕様のパーミングカップを切削しています。
☆デザインが複雑なため雛形を作って確認から始めました。

❖ABU 4000 & 5000 クラスのパーミングカップ現在進行中です。コツコツハンドカービングでの作業です、
とても手数が掛りますがある程度の数量を完成させたいと気を入れて作業中です。素材は粘りの有る月桂樹を
採用してみました。

実物はもう少し紫檀に近い濃い色に仕上がる予定です。大体こんなデザインでいく予定でただいま鋭意進行中です。

❖自作される方に‼、
素材によっては使用中に大きく欠ける事を避けるためどちらかのエッジに小さなクラックを入れる事をお薦めします。

繊維が強く粘っこい素材の場合はその侭でも大丈夫です。‧‧‧‧‧庸允、

 

☆少量できましたのでショップに出しました。

❖少量完成したのでショップに展示しました、こちらの素材はパープル材で仕上げました。
もちろん月桂樹素材のカップも店頭に並べています。天然素材の持つ何とも言えない暖かい感覚‧手触りはウッドならではの物です、しかも高感度‧高グリップ性能はカーボン素材の二倍の弾性率を持っているウッド素材の特長です。

 

✦基本モデル。

☆どんなタイプか画像を掲載して欲しいと要望が多かったので急遽一本撮影に耐えるくらいに切削してみました。デザインは創作モデルのコンセプトを崩さず踏襲、それに実戦的な操作を考えて発展的にまとめてみました。

 

 

❖リールを装着するとこんな感じです。当然ロープロフィールの最新リールもジャストマッチ請け合いです。


 


❖ブランクスルータイプの製作依頼も有りますので今回はちょっとひねってフローター&近距離キャスト用をデザインして見ました。

大体私の製作は創作物が主体です、出来れば一声有ってからそれを元にデザインする様心がけています。

 


❖ショップに展示中です。

 

❖コツ,コツ磨いて見たら、ちょい渋な水牛角斑紋が出て来ました。その気になって気を入れて仕上げて見ました。

 

 

 

❖ショップに展示中です

❖無我の境地を達成したオバンコール材です。(着色は一切していません素材その物の発色です) 因に、【オイル仕上前の状態です。】

 

 

ばんざ〜い⁉、3月に私の仕事場引越です。小屋の床が抜けてからデザイン室に同居やその他の部屋にバラバラ等々やり難く、台所の片隅でも切削していましたが(Kitchen Factory)
専用の広いスペース(思いっきり機械作動出来ます)にまとめて移ります。いままで遅れ遅れで皆さんに迷惑かけっぱなしでしたがその分を何とか取り戻せそうです。
いまユーロが安いのでベルギー製マシン物色中です。(以前のフランス製マシンガタガタに成って